大阪のソウルフード<たこ焼き>をつくろう!

November 30, 2016

 日本の屋台やコンビニでみかけたことありませんか? まるくてかわいい小さなボールのような形で、上にはソースやマヨネーズが彩りを添え、かつお節が元気に踊っている食欲をそそるビジュアル!それがたこ焼き。

アツアツのボールの中にはもれなくタコが入っています。出来立てのたこ焼きをほおばれば、外はサクッサク、なかはふんわり~。しかも歯ごたえのあるタコが絶妙な食感。ソースと、お好みでマヨネーズ、青のりや鰹節などをかけて食べれば、あっという間にペロリ。専門店や屋台などでゲットできます。

「一度食べたら忘れられない味💛」「日本に行くと、絶対食べます!」と、たこ焼きにはまる海外の方も続出! 

今回は日本を代表するB級グルメ「たこ焼き」を、世界のどこにいても再現できるレシピをご紹介します。たこ焼き用の焼き器さえあれば、自分でもお家でも簡単に作れちゃいます。たこ焼き用の焼き機がなくても、ひと工夫。スプーンを使ったり丸い形さえできれば問題ない!仲間や家族で集まってたこ焼きを焼きながらワイワイやるのが「たこ焼きパーティ」。通称「タコパ」!ぜひ、挑戦してください。

ニャパンが大阪出身の友人から聞いたレシピを紹介します。

1. 具材を用意 

小麦粉、だし汁、卵、塩、しょうゆ<たこ焼用の粉があれば、卵以外は必要なし>長ネギ、紅しょうが、タコ、たこ焼きソース、マヨネーズ、あおのり、鰹節 etc

2.薄力粉,だし汁,卵,醤油,塩を混ぜる*又は、たこ焼粉に卵を混ぜる*

3.たこ焼器に油を引き十分に熱する

4.(2)で作った生地をたこ焼き器に注ぐ。生地が穴からはみ出しても

大丈夫!

5.タコを一つづつ入れ、ネギや、お好みで紅生姜を加える

6.はみ出した生地を穴の中に入れ形を整える

7.2〜3分熱する

8.時々ひっくり返しながら3〜4分焼く。

 

9.表面にこんがり焼き目が着いたら出来上がり。お皿に移してたこ焼きソース、マヨネーズ、鰹節、青海苔をかけて、熱々のうちにいただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

© 2023 by Sasha Blake. Proudly created with Wix.com